横浜・関内。離婚・相続・交通事故・債務整理の相談。神奈川県弁護士会所属・山本安志法律事務所(弁護士8名)。土曜・夜間も相談可。
離婚・相続・交通・債務整理の相談。神奈川県弁護士会所属 山本安志法律事務所

法律相談会員募集(有料)電話相談(無料)小冊子送付希望交通アクセスお問い合せサイトマップ

相続のご相談

This text will be replaced

山本所長が動画にて、揉めない遺言書の書き方をご説明させていただきます。(5分41秒)

※動画を見るには、Adobe社のFlash Playerが必要となります。

相続資料−法定相続分自動計算表

相続時に発生する各人の法定相続分がどれくらいになるのか、表に必要項目を入力することにより算出することができます。

こんな相談を受け付けています

  • 少し財産があるので、遺言を書いて死後の争いをなくしたい。どのように遺言すればよいのでしょう。
  • 遺言書はどのように作ったらいいのですか。公正証書遺言の作り方を教えてください。
  • 遺言書がでてきたので、検認という手続きをしなければならないようですが、どのようにしたらよいのですか。
  • 遺産分割の協議をしたのですが、まとまりません。家裁に調停を起こしたほうがよいでしょうか。
  • 遺産の範囲でもめています。遺産の範囲はどこまでですか。これを調べるにはどうしたらよいですか。
  • 遺産分割に際し、妹は結婚費用、弟は留学費用を出してもらっていますが、これは分割のときに考慮されますか 。
  • 遺産分割に際し、妹は結婚費用、弟は留学費用を出してもらっていますが、これは分割のときに考慮されますか。
  • 父を長い間介護してきました。遺産分割では考慮してもらえないのでしょうか。
  • なにも財産がないと思っていたのですが、死後6ヶ月経って貸金業者から請求がありましたが、相続放棄はできませんか。

その他、様々なご相談があると思います。一度相談されることを勧めます。

法律相談のご予約

相続事件についての当事務所の方針

  • 相続の事情をよく聞いて、理解することを努めます。
    相続事件は、過去の出来事の清算手続きだと言われています。現在の相続問題について、過去の出来事を理解しないと、現在の相続紛争の原因がわからないことが多く、なかなか理解するまでには時間と聞き出し方が難しいものです。このような作業を苦手に思わず、理解することに努めます。
  • 依頼者の立場を、代弁し、整理し、相手に主張します。
    相続事件は、相続分や遺留分の割合が決まっているのですが、遺産の範囲や生前贈与、ひいては寄与分などは、複雑で込み入った事情が多く、なかなか当事者では整理できません。これを整理し、裁判所で依頼者の立場を代弁し、主張し、裁判所に理解を求めるよう努めます。
  • 迅速な処理に努めます。
    相続事件は、過去の清算という意味と争いが激しいので、解決まで時間がかかるのが普通とされてきました。相続の事情と依頼者の立場をまとめ、その後の手続きを迅速に進めることに努力します。
  • 解決の基準とタイミングを助言するよう努めます。
    相続事件の場合は、解決の基準である相続分や遺留分の割合は決まっていても、相手の主張と当方の主張が真っ向から対立し、解決の基準とタイミングは大変難しいものです。これまでの経験から、適正な解決基準を助言し、依頼者が納得できる解決を目指します。

関連ページ


山本安志法律事務所 (神奈川県弁護士会所属)
〒231-0021 横浜市中区日本大通18 KRCビルディング9階
Tel:045-662-6302 Fax:045-662-7142